頭痛解消サプリランキング最新版

頭痛の解消にサプリがおすすめ!

最近、頭痛に悩む人が増えています。

 

  • 天気が悪いと痛む
  • 毎月決まった時期に痛い
  • 疲れがたまると痛い
  • 痛み出すと薬が効かない

 

このような頭痛の解消には、普段から予防することが良いでしょう。頭痛は、筋肉の緊張やこわばり、ホルモンバランスの乱れ、気圧の変化などタイプはさまざま。自分がどのタイプかわからなくても予防してくれる、頭痛解消に効果的なサプリがあります。

 

当サイトは、頭痛解消に良いフィーバーフュー・マグネシウムなどを配合したサプリメントを紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

ズキラックの特徴

ズキラックは、8種の自然系素材で頭痛を解消するサプリです。頭痛解消ハーブのフィーバーフュー、ホルモンバランスを整える大豆イソフラボン&チェストベリー、巡りサポートの松樹皮エキス末を配合。ズキズキに有効な、マグネシウム・冬虫夏草・桂皮もプラス。リラックス効果のシナモン配合で、全てのタイプに対応できるように。1日3粒、小粒で飲みやすい。大豆イソフラボンや松樹皮エキスは、美容にも。女性におすすめの頭痛解消サプリです。

価格 980円
評価 評価5
備考 フィーバーフュー・マグネシウム・チェストベリーなど

 

ズツノンDr.の特徴

ズツノンDr.は、西洋ハーブ&和漢で頭痛から解放するサプリです。リズムの乱れ・巡りトラブル・ズキズキの3つに着目して作られました。西洋ハーブは3種、フィーバーフュー、チェストツリー、レッドクローバーをしっかり配合。和漢はクコの実、生姜、田七人参、冬虫夏草、陳皮など伝承の8種。さらにズキズキによいマグネシウムとリラックスのGABAをプラス。1日めやすは2粒。なる前に自分で対処する人のサプリです。

価格 2980円
評価 評価4
備考 フィーバーフュー・チェストツリー・レッドクローバー

 

ずきしらずの実の特徴

ずきしらずの実は、3つの有効成分で頭痛を解消サポートするサプリです。体のリズムを整えるフィーバーフュー、塩化マグネシウム含有のにがり、和漢としても使われていたオオイタドリを配合。ドクドクする頭痛を起こりにくく、起きたとしても以前より楽にすることに重点をおいています。1日めやすは5粒。植物由来の成分で頭痛を予防するサプリです。

価格 2,970円
評価 評価3
備考 フィーバーフュー・にがり・オオイタドリ

 

サプリ以外の頭痛対策

 

まず、最も手っ取り早い頭痛対策は、鎮痛剤の服用ではないでしょうか。しかし、鎮痛剤でも思うような効果が得られない場合もあるでしょうし、手元に鎮痛剤がないケースもあり得ます。それに、少々の痛みであまり頻繁に鎮痛剤に頼ってしまうのも考えものです。そんな時は、部屋の明かりを消して静かにして、そこで休むと良いでしょう。

 

頭痛の応急処置は、視覚と聴覚の刺激をなるべく遮断するのが基本だからです。無理な我慢は悪影響を及ぼしますから、早めの休息が理想的です。そうは言っても、職場などではそれも困難かもしれません。

 

それならば最初に、その頭痛が偏頭痛か緊張型かを判断してください。偏頭痛は、頭の片側が脈拍と同時にズキズキと痛むものです。血管が拡がっている状態ですので、収縮させれば良いということになります。

 

後頭部を冷やすのが効果的ですよ。一方で緊張型は、逆に血管の収縮によって起きる頭痛で、頭全体が締め付けられるような痛みになります。この場合は血管を拡げると良いので、後頭部を温めるようにしてください。

 

偏頭痛と緊張型を併発するケースもありますが、「冷やす」と「温める」の両方を試してみて、効果が感じられる方を選びましょう。このような応急処置を最初に施してみて、それがダメなら鎮痛剤の服用、という順序で考えることをおすすめします。

 

頭痛に見舞われると、その時は対処方法を一生懸命考えるのですが、治るとそれすら忘れてしまう方が多いようです。もしかしたら何かの病気のサインかもしれませんから、原因は明らかにしたいものですね。

 

頭痛の症状によくある吐き気

 

頭痛だけでも非常に苦しい思いをするものですが、そこに吐き気伴うとなると、尚更ですよね。中でも、偏頭痛持ちの皆さんの中には、発症すると吐き気ももよおしてしまう方が多いのではないでしょうか。偏頭痛以外で、例えば頭を何かで強打してしまった場合に吐き気をもよおすと、これは非常に危険な状態です。命を落としてしまうことさえ危惧されます。ですから、頭痛と吐き気を併発している場合は、風邪だなどと自己判断で早とちりしないようにしてください。

 

吐き気のある時は水分の摂取も困難になりがちで、そのため脱水症状に陥る危険もあります。脱水症状は、起きてしまうと自分での対処が難しくなってしまいます。もしも偏頭痛などで普段から医療機関に通っていらっしゃるなら、そこで出されている薬を服用すれば、症状は改善されるでしょう。

 

中には、ドラッグストアなので市販されている鎮痛剤を使用している方もいらっしゃると思います。しかし、それらの市販薬は頭痛や腹痛の緩和はできても、吐き気までは治められないものがほとんどです。吐き気が頻発してしまうようであれば、やはりお医者さんに診てもらうことをおすすめします。吐き気の原因が実は胃にあったという場合も多く、そういう方は胃の薬を服用しています。

 

もちろん、はっきりした原因はきちんと検査してみないと判明しません。吐き気と頭痛が一緒に起きる場合は、原因不明のままでは不安が残ります。本当に大したことのない風邪だったことが分かれば、安心できるのではないでしょうか。ただ、これらの症状がしょっちゅう起きたり、長期間続いたりするあれば、他の病気が隠れているかもしれないのです。

更新履歴

inserted by FC2 system